2016年10月23日日曜日

OMNITRONIC TRM-202 MK2 review

最近はハウスDJのみならず、ニューディスコ系やテクノ系、田中フミヤあたりのミニマル系、Sadar Baherあたりのクラシックス系のDJ達もロータリーを使う人が増えてきてます。
3年ほど前にロータリー・フェーダーを色々と紹介した記事を書きましたが、あれからもポロポロと新手が出ており、業界関係者として、またロータリー派の自分としましては嬉しい限りです。またそのへんは近いうちに記事にしたいなと思っておりますが、今回はまずその3年前の記事でもチラッと紹介した謎のドイツ製コンパクト・ミキサーOMNITRONIC TRM-202について!

某○ERINGERみたいな安物系総合メーカー製みたいなのですが、それゆえの恐ろしさなのか、はたまた日本に代理店も無いためか、日本で誰も持ってるのを見たことないので当店が人柱といいますか店柱的に試しに数台仕入れてみました。
ちなみにベルリン在住のRunning Back Recordsのオーナーでご存知Tuff City KidsのGerd Jansonにこのミキサーのこと尋ねたら、メーカー的に論外だとかw。安物過ぎて誰も興味ないし使ってもないらしい。

でも興味が尽きないのでとりあえずオーダー。しかしオーダー時には在庫が1台も無く、納期が延びること数回でトータル5ヶ月ぐらい待ってようやく到着。。。手作りのE&Sでもだいたい1、2ヶ月で納品されるのになんでや・・・。

しかしさすが大手(?)企業製、忘れた頃にキチンとした箱に入って届きました。






なんとカッチョイイ取扱説明書も入ってました。

ちなみにいつの間にかに型番がMK2となっており、若干仕様変更があったようです。一説によると何か致命的な問題があったとかなかったとか。。。詳細は知りませんが外観上では全てのノブがE&Sみたいな黒いものからシルバーの金属製に変わって絶望的にダサくなってます。個人的に。。。

そして早速箱から取り出してみると・・・・なんとメチャクチャ重い!!まるで大きな石かブロック片でも持ち上げているかのような。。。計ってみるとE&S DJR400が2.2kgなのに対し、こいつは2.7kgほどありました。E&Sよりもチャンネル数少ないのに・・・・。だいたいのアナログミキサーって見た目よりもかなり軽い(特にUREI 1620)のですが、こいつはデジタル・ミキサーでもないのにパイオニアのDJMシリーズの如く、いやそれよりも重く感じる・・・。見た目の小ささが余計にそう感じさせます。まあプレイ時にズレたり動いたりは無さそうですが、まさかそのためにウェイトでも入ってるんでしょうか・・・。



ノブは触ってみると金属だけに意外と質感はよかったです。ただノブ上端の角がやや鋭角なので長時間触ってると痛いかもです。





そしてこのミキサーの最大の特徴は、E&SのDJR400(4チャンネル)を2チャンネル化したようなその仕様もさることながら、UREI1620やE&S DJR400等の主だったロータリー・ミキサーと同じく、我らが日本のアルプス電気株式会社製のヴォリュームポットを用いてるというところです。仕様表にはBLUE VELVET RK27と記載されています。そして驚異的に安い!だいたいDJR 400の3分の1か4分の1ぐらいの値段です。

どこにもMADE IN CHINAとか書いてないのですが、ドイツ製らしからぬ多少の作りの荒さはあります。プリントが最初からかすれてる部分があったり、ビスが歪んで締められていたり・・・でも値段を考えたらOKでしょう。

背面もかなりE&S DJR400に似てます。安価な家庭用(?)のワリに、モニターアウトもマスター同様にピンジャック出力とXLR出力を備えております。









1,2チャンネルともPHONO以外にラインを各2系統アサインできますのでCDJ等を併用する人も大丈夫です。キューイングはE&Sと同じプッシュボタン式です。ちなみにE&Sではオプション設定のキュー・ボタンが押されてるチャンネルを示す赤ランプが標準装備!更にそのチャンネルのレベルが過大な場合に光る緑のランプまで装備されています。

E&S DJR400と似てるのでそれとの比較になりますが、入力の切り替えが↑の写真のようにトップパネル上にあるので切り替えが楽です。でもプレイ中に手が当たって切り替わってしまわないように注意が必要です。(E&Sは背面パネルにあります)


電源ボタンがあるので家庭用としては便利です。UREIもE&Sもプロユースでプレイ中の電源遮断を避ける為、電源ボタンは装備されていません。





なんとマイク端子があります!E&Sには付いていません。あまり使うことは無いかもですが、ちょっとしたMCを挟みたい結婚パーティー等では便利です。





そしてUREIにもE&Sにも装備されていない機能として、ヘッドフォンの出力をマスターとキュー(モニター)を無段階にブレンド~調整できるのとスプリット出力が可能です。スティックタイプのヘッドフォンの自分は全く使わない機能ですが、両耳ヘッドフォン派の人で使う人は使う機能ですね。




なんとPHONOのゲインが微調整できるようになってます。CDJと出力レベル合わせたり微調整ができそうです。






個人的に一番イイと思ったのはこのレベルメーター。E&SはLRまとめて一列のみの表示ですが、このミキサーでは写真のようにLR分かれていて見やすいし、何気にテンションが上がる!そして万が一の片チャン時に一目瞭然です。




で、ノブを全部UREI & BOZAKのものに替えてみました。やっぱこれですよ、これ!この方が数倍使いやすいし見た目も引き締まってカッコいい!つーか視覚的にも気持ち的にも落ち着くな、やっぱり。。。(苦笑)

ちょっと触ってみただけですが音質は普通で可もなく不可もなく。特別イイとも思わないしスゴク悪いとも思わなかったです。大きなハコなどではどうでしょうか。未知数です。STRADAの店内では全く問題ないレベルです。

自宅でとりあえずロータリーを使いたい人には申し分ありません。デスクトップで小さいので、設置にも困りません。狭いバーや小バコ等のDJブースにもオススメです。これが置けないDJブースは無いはずです。

触ったことある人しか分からないあのUREIの独特のトルク感のあるノブの感触やロータリーならではのミックス・フィーリングももちろん味わえるのでハウスのロング・ミックスとかが超楽しめると思います。



E&Sとの大きさ比較。これ以上小さくできないぐらいの大きです。これ以上小さくすると操作性がかなり犠牲になります。現状でもギリギリな感じw。特にヘッドフォン・ヴォリュームとモニター・ヴォリュームが接近してて小さいので注意が必要です。これを触ったあとにUREIを触ると、かなり操作しやすくて気持ち良いです。やっぱking of mixer UREI 160はストレスフリーです。

最後にまとめ。

良い点
●安い。
●小さいのでどこでも置ける。
●アルプスのポッドを使っている。
●3バンドのアイソレーターを装備し、チャンネルごとのHI、LOの調整も可能。
●モニター出力装備。
●マイク端子付き。
●L/R独立レベルメーター付き。
●キューイングしているチャンネルを示す赤ランプ付き。
●レベルオーバーを知らせる緑のクリップ・ランプ付き。
●キューとマスター・アウトプットのヘッドフォンでのスプリット出力~ブレンドの調整可能。
●電源スイッチ付き。
●PHONOのゲイン調整可能。

悪い点
●小さい。
●重い。
●ちょい作りが雑。
●標準のノブがダサイ。
●2チャンネル仕様。
●壊れたらドイツ送り・・・(?)
●ブランドイメージがあまり良くなさそう。
●アイソレーターのHIよりも各チャンネルのEQのHIの方が、上げると持ち上がるような・・・。
●あまり売れていないのか生産数が少なく、納期が長すぎる。

最初の1台やセカンド~サード・ミキサー、狭いDJブースでの業務使用等にはオススメです!中古で某V社の古いロータリーを買うより全然いいと思います。
今すぐオーダーしても来年2月以降のようですが、もし気長に待てる欲しい人がいらっしゃいましたらコチラからお問い合わせ下さい!

※店舗多忙につきお電話でのお問い合わせはご遠慮下さいませ。



なお別件ですが来年1月頃には巷で話題のスペイン製の新手のロータリー・フェーダー・ミキサーも日本上陸第1号機として到着予定ですのでレポートします!(こちらも納期が長い・・・)







2016年10月10日月曜日

10月10日(月)は臨時休業させて頂きます m(_ _)m

10月10日(月)は臨時休業させて頂きます。
WEB SHOPを通じてのご注文の発送も11日(火)からとなります。

ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願いします。

2016年8月10日水曜日

HOUSE OF MUSIC MAGAZINE

オランダの超一流レコード・ショップ兼レーベルRUSH HOURが監修しているフリーペーパー「HOUSE OF MUSIC」を何十部かゲットしてます。


今はネットで色々と情報が得られる時代ですが、ビールやコーヒーでも飲みながらパラパラとページをめくって読めるのはなんともいい感じです。

Joakim、Orlando Voorn、そしてRUSH HOURが配給しているANTINOTEレーベルやブラジルのミュージシャンArthur Verocai、さらにコンパクトなロータリー・ミキサーDJR400で知られるE&Sの工房への取材等、マニアックな見所満載!

欲しい方はSTRADA店頭かWEBオーダー時にコメントでお知らせ下さい。もちろん先着順ですよ~!

お盆休みのお知らせ

平素は当店に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、当店のお盆期間の営業に関しまして、下記の通りご案内させていただきます。 


お盆休業日
2016年8月13日(土)~2016年8月16日(火) 

●ご注文について
お盆休業期間中につきましても24時間いつでもご注文可能です。
(休業期間中の配達日指定はご遠慮下さい。) 

●商品の発送について
2016年8月13日(土)~2016年8月16日(火) はお休みとさせて頂きます。

お盆業期間中に頂きましたご注文に関しましては8月17日(水)以降に順次処理~発送となります。 

●お取り置きについて
通常通り休業期間中も日数がカウントされます。
休業期間中に期限満了となったご注文に関しましては8月17日(水)以降にお振込みのご案内を送りいたします。

ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。

2016年7月18日月曜日

7月18日(月)は休業させて頂きます

本日7月18日(月)は休業させて頂きます。
WEB SHOPを通じてのご注文の発送も19日(火)からとなります。

ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願いします。



2016年5月20日金曜日

Bozak AR-4 Desk Top Mixer

知らぬ間にBOZAKからコンパクトな卓上DJミキサーが発表されておりました。もちろんロータリー・フェーダー!価格は1,695ポンドということですから27万円ぐらい(2016.5.20現在)。




3バンド・アイソレーターに各チャンネルの3バンドEQ、そしてアナログVUメーターを装備。ウッドパネルや角がラウンドした造形になっていたりとなかなかいい感じです!

AR-4 & deposit informatiom
The all new Hybrid design is utilising the best of the original Bozak CMA-10 discrete circuits in conjunction with the highest quality semiconductor topology culminating in the most expansive sound while improving on the original Bozak sound.
4 in/2 out mixer with 3-band isolator on each channel or 3-band eq as an option and master isolator

The Bozak AR-4 is based on the classic rotary mixer with its heritage taken from the  mixers of the 70’s. Updated to give the flexibility to today’s DJ requirements, the AR-4, as with all Bozak products, has been designed first and foremost for unsurpassed sound and superior build quality. The AR-4 has been designed to sit perfectly between a pair of SL1200s or CDJs with the angled VU meters giving you perfect visual metering.
3-band stereo Isolators or Bozak 3-band EQ (optional) gives perfect overall tonal control of the mix. Its cross-over points having been carefully selected to yield a most natural sound and to emphasise the artistry in the musical production. The Bozak’s frequency dividing technology provides superior dynamic response making the control smooth and the individual tone control allows the user to EQ beats, vocals and the high hats.
The flexible headphone section gives the DJ control over the cue and mix blend you hear in the haedphones. The backlit push switches give a bright green indication of the channels selected. The clear, warm and super loud headphone output with a mix control allows the DJ to pan between the Cue or Program output or a mix anywhere inbetween. The Headphone jack is backlit to allow you to find the socket in the dark DJ booth.
Dedicated Master and Booth gain controls gives you total control over the mix with flexible stereo balanced or unbalanced options as well as dual VU meters that can be switched between master and cue. The Loop control allows the DJ to add their choice of effects or processing to the master output.
Fitted with ALPS RK27 Blue Velvet pots, carbon resistors, polyester mylar capacitors and ultra low noise hi-fi grade worldwide custom power supply, all culminating in Bozak’s signature rich warm sound now in a desk top format.

3-band Channel Isolator with 12dB per octave slopes:
Mid/Treble                            4KHz
Bass/Mid                                400Hz

3-band EQ OPTION with 6dB per octave slopes:
Mid/Treble                            4KHz
Bass/Mid                                400Hz

3-band Master Isolator with 18dB per octave slopes:
Mid/High                                5KHz
Low/Mid                                 300Hz

Connections:
Line and Phono Inputs         Gold plated RCA
Microphone inputs               Balanced 3 pin Gold Neutrik XLR
Line Outputs                         Gold plated RCA
Balanced Line Outputs        Balanced 3 pin Gold Neutrik XLR
Master Loop                          Send & Return  ¼” 3 pin switched jacks
Headphones                          ¼” 3 pin jack
Ground post                          1x thumb screw chrome binding posts
Power Supply                        Worldwide 100-250v AC  50/60hz
Dimensions                           80mm (h) x 340mm (w) x 370mm (d)
  • Based on the original Bozak CMA-10-2D Discrete analogue design topology
  • Intuative DJ layout for uncluttered operation
  • Massive headroom and unrivalled gain structure
  • 4-direct input channels
  • Channels 1 -3 fitted with Bozak RIAA Pre-amps
  • Channel 4 fitted with Bozak Mic Pre-amp
  • 3-Band Isolator on each channel with full cut and +8dB
  • 3-Band +/-6dB EQ per channel OPTIONAL feature
  • All channels can be selected for line level
  • Balanced microphone input
  • Flexible push button cueing with backlit switches
  • Headphone Cue-Program mix control
  • Massive 3w headphone output with backlit jack socket
  • 3-Band Master Isolator with full cut and +8dB
  • Dedicated Booth and Master controls
  • Twin backlit analogue VU Meters with Peak LED
  • VU meter switchable between Master and Cue
  • Ang,led VU meters for better visibility
  • Master stereo loop TRS 1/4″ jacks for Send & Return for adding EFX
  • Quality Gold RCA and Neutrik XLR connectors
  • Selectable mains input for worldwide usage
  • Anodic printed front panel, text will not wear off
  • Lightweight black anodised chassis and hardwork removable side trims
  • Sits perfectly between SL1200s or CDJs



2016年5月16日月曜日

Avalon Emerson遂に来日!

2年程前にこのブログにて紹介しましたDJ界のプリチー族、Avalon Emersonがアジアツアーの一環で遂に今週末来日!






なかなか日本には伝わってこない彼女の動向ですが、そのブログで取り上げたすぐ後ぐらいにサンフランシスコからベルリンに移住したようで、現在はドイツはもちろんのことUKやフランス、イタリア等、ヨーロッパ各地で活発にDJをやってるようです。



2年前にチェックしたDJミックスではBODY & SOULっぽいNYスタイルのハウスやダンス・クラシックスを中心にプレイしていた彼女、最近のミックスではベルリンでかなり影響を受けたのかガッツリとテクノ~ロウ・ハウスな選曲に変化しております。

 




どこぞのレコード屋で楽しく&真剣にショッピングする映像がありました。

 

どうでもいいかもしれませんが機材好きの間ではこんなDJブースの動画もちょっと話題になってましたね。
https://www.instagram.com/p/9ywe61qKTC/?taken-by=avalon9000



そんな彼女のプレイを体験できるのは以下の2つのパーティー!要チェックです!


5/20(FRI)
Circus presents dOP & Avalon Emerson
 at Circus Tokyo

5/21(SAT)
THE STAR FESTIVAL 2016
at スチールの森 京都

※THE STAR FESTIVAL 2016のチケット(グループ券、駐車券もあり)はSTRADA RECORDS店頭でも販売中です!



Copyright ©Strada Records All Rights Reserved.